スポンサーサイト

  • 2020.04.05 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    東医体 団体編

    • 2019.08.27 Tuesday
    • 11:32

    こんにちは、医学科4年の山口です。

    今回は夏休み期間中ということもあり、髭伸ばしキャンペーンを終了した ミッワに変わって山口が担当します。


    さて、今年もこの報告をする季節がやってきました。

    夏だ!海だ!東医体だ!!

    そうです!東医体です!

    4連覇をかけて挑む 東海大学。果たして今年は優勝することができたのか?それとも苦杯をなめる結果となったのか?

    8/10、8/11に埼玉県立武道館で行われました団体戦・個人戦の二本立てでご報告させていただきます。

     ※アップの様子(果たして、このポーズに何かしらの意味があるのかは読者の方々の読み方次第…。)


    [予選リーグ編]
    今年の東医体 予選リーグは東邦大学さんと昭和大学さんが同組になり、なかなか厳しい組み合わせに…

    予選リーグ第1戦目は昭和大学さんでした。
    まず、山口が大外刈で一本勝ちを収め、石渡さんが優勢勝ちで続きます。そして、今回がデビュー戦となる間嶋さんが一本勝ちし、強烈なデビュー。しかし、副将戦では青木さんが相手のエースとあたり、已む無く敗戦。大将戦では中島さんが手堅く勝ちをもぎ取り4-1で東海大学勝利。


    続く第2戦 東邦大学戦では先鋒 青木さんが合わせ技で勝利し、試合を作ります。そして、次鋒戦・中堅戦と後が続き5-0で東海大学 勝利。

    これにより、2勝0敗で予選リーグを1位で突破することができ、好調な滑り出しを切ります。




    [決勝トーナメント編]
    ・決勝トーナメント1回戦
    決勝トーナメント1回戦は自治医科大学さんとでした。
    はじめに山口が勝利するも次鋒石渡さんが反則負け、続く間嶋さんも引き分け。なかなか試合の流れが掴めず、苦戦を強いられます。
    しかし、後ろの二人が高学年の意地をみせます。(特にAOKIさん)
    副将戦 中島さんが勝利し、2-1。ようやくここでリードしますが、中島さん、まさかの負傷。
    大将戦 負けたら代表戦となるプレッシャーが懸かるなか世界のAOKIさんが6年生の気合いをみせます。なんと相手から技ありを奪い意地での勝利。そして、東海大学が3-1で勝利。
    その時見せたAOKIさんのガッツポーズと雄叫びは我々にとっても印象深いものでした。



    準々決勝は帝京大学さん。
    ここで前3人の石渡さん・山口・間嶋さんが執念で勝ちをもぎ取り、勝ちを確実にします。青木さんが再び相手のエースと再び当たり、負けてしまうも大将戦の木村さんが勝利し、4-1で終戦。東海大学ベスト4入り決定です。

    ・準決勝
    準決勝は防衛医科大学校さんでした。
    先鋒戦で山口が勝利しますが、続く次鋒戦で青木さんが取られてしまいます。また、なんとか木村さんが勝利してくるも副将戦で石渡さんが防衛のエースと当たり敗戦。取っては取られの試合が続き、固唾を飲む試合となりました。が、あの男がこの長い戦いに決着を着けます。
    そう、あの男です。
    練習中に他の部活からガン見さていたあの男です。
    間嶋さんです。
    大将戦で間嶋さんが相手から技ありを奪い優勢勝ち。
    なんとか3-2で防衛医科大学校さんを振り切り12年連続の決勝進出が決まりました!
    (まあ、すでにこの時点で私がもう半べそかいてた訳ですが、それはさておき…)


    ・決勝戦    ドドン

    決勝戦ですが、相手は昨年と同様岩手医科大学さん。しかも決勝まで他のチームを寄せ付けない強さで勝ち上がっています。
    対する我々、東海大学は
    先鋒 山口
    次鋒 木村さん
    中堅 石渡さん
    副将 間嶋さん
    大将 中島さん
    のメンバーで挑みます。

    先鋒戦は山口が終了間際に小外刈りで一本勝ちし、東海大学が先制します。


    続く、次鋒戦では木村さんが相手のエースと当たってしまいます。相手も必死に攻めてきますが、木村さんも負けじと寝技を中心に応戦。ポイントが入ることはありませんでしたが、指導差で相手の勝利。



    ここで1-1になりますが、内容差で東海大学がまだ勝っています。

    中堅戦   石渡さんが格上相手に鬼気迫る様子で果敢に攻め、フラフラになりながらも時間いっぱい戦い抜き 引き分けをもぎ取ります。


    そして、副将戦で間嶋さんが相手から2つの技ありを奪い勝利。



    ここで東海大学の優勝が決まりました。

    大将戦は中島さんが怪我の影響を感じさせない見事な試合運びで反則勝ちを収め、優勝に花を添えました。


    最終スコアは3-1となり東海大学が無事に4連覇を達成することができました。(祝)


    試合後は大宮駅近くのしゃぶしゃぶ屋さんで祝勝会を行いました。
    ではでは祝勝会の様子をお楽しみ下さい。

    (今回オーダーを考えた軍師 深沢と選手のサポートを中心に奔走してくれた方々)

    (とうとうトレンドのタピオカを手にしてしまった佐伯氏)

    (???…??)

    (世界が鼻で笑った衝撃のヒトコマ)

    ※その後、二人が美味しく頂きました。


    最後に、主将として…

    今年の団体戦もチーム全員で戦い、勝ち抜くことができました。マネージャーを含めたサポートメンバーがいなければ勝てなかった試合もあり、サポートメンバーには感謝です。勿論試合に出た選手も例外ではありません。

    そして、応援して下さったOB・OGの先生方ありがとうございました。このような素晴らしい結果を残せたのもOB・OGも一緒にチーム一丸になれたからだと思います。このまま書けば尽きることがありませんので、ここで筆を置くといたします。


    では、白熱した団体戦はこれにて…

    個人戦はあまり他の試合が見れたりしなかったのでミッワにバトンタッチしたいと思います。


    [to be continued]


    スポンサーサイト

    • 2020.04.05 Sunday
    • 11:32
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << May 2020 >>

      yahooニュース トピックス

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM